光回線って本当によいのか?

光回線を利用している人が増えてきていますよね。

光回線にしなくてはいけないと思っている人もいるのではないでしょうか?

大分浸透してきている光回線ですが、まだ実はよく知らないという人もいると思います。

光回線って一体何なのでしょうか?光回線が出てくるまでは、ADSLでインターネットを利用してきました。

ADSLとは、電話線を利用して通信する接続方法なのですが、これに変わった接続方法となるのが光回線です。

[光回線の謎]へのLINK・・・→http://www.ccawr.org/

光回線というのは、直径3mm程度の超細い光ファイバーケーブルを使ってデータ通信をするのですが、ケーブルをネットを使用する屋内に引き込んで接続する様になります。

ケーブルはプラスティックやガラス繊維などでできており、そこにレーザー光を飛ばして通信をします。

光回線の最大の特徴であり、ADSLとの大きな違いは通信速度の速さです。

ADSLでは最寄の電話基地局から距離があったり、環境によって妨害電波の影響で通信速度が遅くなったり、契約した通信速度がそのまま利用できることはあまりありません。

光回線の場合は、電話基地局の遠近は関係なく速度が劣化するということはなく、その他環境によって外部の影響を受けにくく、高速通信を安定して利用することができます。

動画を見たいとかゲームを楽しみたいという人には適した通信回線といえます。

光回線は、ADSLに比べると限定されていて、まだ利用できない地域の人もいますが、ここ最近では一気に光回線を使用できる区域が拡がっている状況です。

ブロバイダによっては、ADSLのサービスを終了して光回線のみのサービスに変わっているところもあるなど、今後、光回線がどんどん普及していくことが予想されます。

Comments are closed.